瀧の湯~台北新北投温泉リニューアル前

台湾の新北投温泉
瀧の湯
のリニューアル前のことを書きます。

もうきれいになったんだからいいじゃないか?!

かもしれませんが、台湾旅行ですごく印象に残る体験だったので、
せっかくなので書いておきます。

--------------

2016年4月

MRT淡水信義線で北投まで行って
単線の温泉電車で新北投まで。

これ温泉電車の車内です。

↓ ↓ ↓

新北投温泉駅に謎のオブジェ

この街は温泉街だからか、とても暑い

入りたい温泉は3つ候補があった。

・親水公園温泉

・水都温泉

・瀧の湯

普通は水着を着て水泳キャップをかぶって入るらしいんだけど、
瀧の湯は源泉かけ流しで男女別のレトロな温泉とのこと。

脱衣所がなくて風呂場に棚があるらしい??

情報はそこまでしかわからなかった。

で、中学3年生の息子にどれがいいかと聞いたら

瀧の湯

と言うのでそこに行くことにしたのだった。

駅から川沿いのプロムナードをしばらく歩くと・・・

・・・ついた

ええ?!( ゚Д゚)

さすがの私もひるんだ💧💧

「どうする??いける??💧」

と聞いたが、

ええーい!!

と入ってみた。

キャプテンフックみたいな番台のおっちゃんが、珍しそうに私たちを見て

「熱い、42度、大丈夫?」

「…たぶん大丈夫」

と、言ったらおかしそうに笑われた

お化け屋敷より入りにくい雰囲気。

40cmぐらいの妙に狭い幅の入り口、
まさにお化け屋敷の入り口を入ると・・

1.5畳ぐらいのスノコの板の間で裸で寝てる人、

座ってる人がいて、私はどうしていいか固まってしまった。

小さい下駄箱のようなものだけ備え付けてある。

たぶん靴を脱いであの下駄箱のようなとこに入れるのだろう…

けど、どこで服をぬぐのだ???

ドアとかなくて、その板の間からいきなり風呂場なのである。

下駄箱のところから覗いてみたら、
風呂場の突き当たりの壁面全体が棚になってる。

学校の教室の後ろにある木でてきたシンプルな棚っていうの??

と、とにかくあそこで脱ぐのだな??

靴下を脱いで何もかも持って、体を洗ったりしてる人の横を通りながら風呂場へ。

・・・息子一人で行かせたけど大丈夫か?!

なんか私も余裕ないぐらいの異空間だし。

とにかく、服を脱いで振り替えると

「シャワーあびてください」

と地元のおばちゃんに言われた。

シャワーなどないではないか(´・ω・)

指差す方を見ると、蛇口に50cmほどホースがつながれているものがある。

かかり湯をして、湯船に入ろうとしたら
そこは熱いからあっち側に入れと教えてもらった。

反対側に回って

入った。

熱い

気持ちいい…?

・・・・・

なにこれ熱い!!(;゚Д゚)

入ってられない!!!

ていうか、息子はどうしてるんだろ?!

「熱い・・・」

というと笑われた。

もう、なんていうか、もう無理なので早々に出ることにした( ノД`)

服を着て、靴下ははかず、板の間の下駄箱室へいくと
裸で寛いでるおばちゃん達が

「OK?」

と心配してくれて

「どうしてこのお風呂に来ようと思ったのですか?」

と日本語で聞いてきて

息子が来たいと言った

と答えた。少し日本語で会話して、

「さようなら、また会いましょう、いつの日か」

と言ってくれた。

外に出ると息子はまだ出て来ていない。

大丈夫か?!(;´・ω・)

しばらくしたら出てきた。

「また、みんなが親切にしてくれたわ!
いろいろ助けてくれた!」

と、喜んでいる。

男湯でもびっくりされたはず。

私たちもびっくりのお風呂だったけど、地元の人もかなり珍しい訪問者を見たてことだろな。

お化け屋敷より緊張したけど、すっごい経験で、なんかとても楽しかった。

はる坊もまた来たいと言ってた。

その瀧の湯はリニューアルされたらしいので、次回また是非行ってみたいもんです。

textimage_adsense




スポンサーリンク

シェアする